観光センター用バナー


観光
交通
宿泊
飲食
トイレ
温泉
観光
別府市
JR別府駅より徒歩3分、透析ベット台数50台完備、旅行者への透析対応のある病院です。
別府市
素晴らしい音楽の時を与えてくれるアルゲリッチへ、 アルゲリッチ芸術振興財団の名誉理事 椎木正和氏から 尊敬と親愛の証しとしてこのハウスが贈られることになったのです。 アルゲリッチ専用のピアノ「マルティータ」とともに 永く音楽を届けて欲しいという願いも込められ、 素晴らしい音響を持つ「サロン」から、これからも歴史に残る アルゲリッチの名演を皆さまへお届けします。 クラシック音楽の殿堂「しいきアルゲリッチハウス」はアルゲリッチとともに、 夢と希望を音楽に託して「未来への道」を歩んでいきます。
大分市
鎮座地:大分県 大分市 大字牧 松栄山  御祭神:大分県縁故の殉国の英霊四万四千余柱     昭和四十一年十月二十二日、大分国体にご臨席された昭和天皇、皇太后がご親拝遊ばされ、また、五十二年九月十六日には、天皇、皇后両陛下が皇太子御時にご参拝になりました。
大分市
関崎海星館は、九州の東端に位置した大分市の展望・天文台施設です。 全国的にも有名なブランド魚「関さば・関あじ」が育つ速吸の瀬戸を望み、館内の展望室から美しい海の景色を楽しむことができます。 また、九州内でも有数な60cm反射望遠鏡を備えた天文台での天体観察も可能です。
別府市
 別府竹細工の起源について、「日本書紀」の記述によると、人皇12代景行天皇が九州熊そ征伐の帰りに別府に立ち寄った際、お供の膳伴(台所方)が、良質のシノダケが多いことを発見し、メゴ(茶碗籠)をつくったことがはじまりとされています。本格的に工芸品として扱われるようになったのは室町時代からだとされ、行商用の籠が販売のために生産されるようになり、竹細工の市場が整備されていきました。当施設では、伝統工芸である竹細工の展示、売買、体験などができる。
別府市
湯けむりの鉄輪温泉郷と別府湾を一望できる絶景スポット。昭和三十二年に建造され、城内には狩能法眼探幽斉の屏風ほか数々の美術品が展示されている。天守閣からは別府湾、四国の山々、高崎山、 国東半島、鶴見岳、 扇山と三百六十度の景観を楽しむことができる。守り神の金白龍王も見物です。
別府市
昭和24年開業。別府で長い歴史を誇る別府ブルーバード劇場は、歴史的な価値はもちろん、いろいろな人の思い出がたくさんつまった宝箱のような映画館です。
別府市
別府市の中央に位置し、様々な会場があり一般や1万人規模の大会の開催ができる。毎年4月~5月に世界的に有名な「別府アルゲリッチ音楽祭」も開催される。隣には別府湾が一望できる「ビーコンタワー」があります。
大分市
大分市美術館は、緑豊かな上野丘子どものもり公園内にあり、「たのしんで・みて・まなぶ」美術館として、年間を通じて所蔵の美術品が鑑賞できる常設展やさまざまな優れた分野の美術を紹介する特別展の開催、各種講座・講演会の開催など、子どもから大人まで誰もが幅広く楽しめる生涯学習施設としての美術館運営をめざしています。   そのために、豊後南画や大分市にゆかりのある画家の優れた作品などの収集保存活動をはじめとし、調査研究活動、展示活動、教育普及活動、広報活動という5部門の活動を通じて、芸術文化の振興につとめています 。  また、特色ある地域の美術文化情報を広く発信し、開かれた美術館として市民との協働による運営を推進しています。
大分市
公園内には、観賞温室をはじめ、芝生広場、多目的広場、足をお湯につけてゆったりとくつろげるぽかぽか池、いろいろな遊具がある遊びの森、全長60メートルのスライダーや草すべり場、望遠鏡が設置された展望広場、散策路があり、ご家族で1日中楽しむことができます。 特に観賞温室では、熱帯、亜熱帯の植物を1年中観賞できます。観賞温室等、バリアフリー対応になっています。
1 / 512345

バナー(ユニバ用)
  


観光センター用バナー
  


FB
  


バナー



muku
  


Copyright © 2015- 2017別府・大分バリアフリーツアーセンター. All Rights Reserved.

PAGE TOP